パチンコの波について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パチンコを打っているとどうしても感じられずにいられないのが、大当たりの集中と大当たりが全然来ない時間があることはパチンコを打っている人は皆さん感じたことがあるのではないでしょうか?

最近のパチンコは大当たりが発生する確率が高い甘デジから中間ぐらいのミドルタイプ、大当たり確率が低いが一撃があるMAXタイプと大きく3つに分かれます。

私はMAXタイプをメインに打っています。特にMAXタイプは1/400くらいの大当たり確率なので、2万円くらい投資しても大当たりが来ないことが当たり前なことが多いです。

ところが確率では考えられない連チャンが発生したりするのがパチンコの面白いところです。

600回転まわしても当たらなければ、保留玉4回転で大当たりを引くこともあります。これを私はパチンコの波と考えています。

パチンコを打っているときに、200回転以上大当たりが来なければ、一旦10分ほど台を休憩させてから打ちます。

逆に大当たりが続いているときは大当たりが止まるまで間髪いれずに打ち続けます。大当たりが終わると10分ほど台を休ませます。

パチンコ台には大当たりしやすくなる時間があると考えているので、その瞬間を逃さないように探りながら打つのが楽しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*